民主党 衆議院議員 小川淳也
TOP事務所案内お問合わせリンク
ビデオメッセージ
小川淳也の国会での本格論戦
映像・報道他

映像新聞掲載等テレビ等書籍等ポスター

淳也ブログ 活動報告 応援のお願い 過去の活動報告
ケータイからもブログを ご覧
いただけます!
http://blog.m.livedoor.jp/junbo_blog/
ごあいさつプロフィール政策・理念トピックス会報誌

トップ>トピックス

〜 トピックス 2018年 〜

トピックス2017年はこちら

 2018年6月(2)

■ 延長国会

延長国会では参議院を中心に働き方改革、カジノ法案、そして衆議院では参議院の定数増法案などが審議される予定です。衆院の攻防がしっかり参議院に引き継がれることを期待し協力したいと思います。

■ 前川前次官の講演

香川で前川前文科次官の講演が行われました。やはり官僚トップとしての落ち着きがあり、物事の見方が的確と感じます。実は昨年の衆院予算委員会で文科省の天下り問題を追求した際、参考人として相まみえた方です。退任後、政権と闘う姿勢には本当に頭が下がりますし、政権が人事権を振りかざして権力を掌握しているとの分析も極めて冷静なものです。

■ 福山幹事長の来県

立憲党の福山幹事長が香川入りし、既に入党した富野市議を中心とした県組織の立ち上げ、また小川に対しても早期の会派入りの要請をいただきました。私も今後の活動に当たっての主要な選択肢として、真摯に検討し、いち早く香川で、「国民、立憲、社民」が共闘出来る体制づくりに貢献したいと思います。

▲このページのTOPへ

 2018年6月

■ 無所属議員として

無所属の議員として活動しています。「驚いた」、「大丈夫か」、など様々なお声をいただき、改めてご迷惑とご心配をおかけしたことをお詫び申し上げます。 一方で、無所属を歓迎する激励のお声も多く、これからどのようにご期待に沿うべきか、よくよく思案しております。
政党交付金や公用車の配分がないなど、物理的な制約もありますが、やはり、委員会の質問時間の割り当てがないなど、活動の制約は大きいと感じます。中央政界は基本的に政党政治ですから、無所属の気軽さや、ある意味の快適さに溺れることなく、どこかで会派所属の問題など道筋をつけねばと思います。 無所属になって思うのは、やはり「無所属に甘んじることなかれ」です。

■ 重要法案

働き方改革、カジノ、成人年齢の引き下げなど、重要法案を抱えていますが、やはり今国会は、加計学園問題等に相当エネルギーと時間が費やされました。官僚のモラルの崩壊、政権幹部のうそ、本当に嘆かわしい事態です。
大学の運動部もしかり。もしかしたら、日本社会の隅々に、上層部の人間の保身と無責任がはびこり、個人の良心が押し潰され、国家の正義と社会の公益が侵される。そんな時代が来たのかも知れません。 そしてその責任は、少からずこの国のトップである安倍総理にもある。そう思えてならないのです。そうした悪しき文化と闘わねばならない。心からそう思います。

▲このページのTOPへ

 2018年5月

■ ご報告

昨年以降、大きな矛盾と葛藤を抱えた苦しい半年間でした。これを一度整理し、当面無所属で出直させてください。
皆様には多大なるご迷惑とご心配をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。
玉木さんともよくよく話し合いました。
野党が分裂してしまった現状とショックを、この香川において、どのように受け止めるべきか。昨年の衆院選以来、抱えてきた矛盾を引取り、ある種役割分担しながらも、しかし香川での結束を乱さぬ。その思いでこれまで以上の努力を重ねます。
今後も、改憲や安保法制に対する慎重姿勢、参院一人区や衆院小選挙区における徹底した野党共闘の必要性、この姿勢を基本に、異なる立場から全力で取り組みます。様々なご批判やお叱りも一身に受け止めつつ、しかし、中長期で真に野党がまとまり、役割分担しながらも強固に結束する、その方向性を定めるために活動して参ります。
どうか引き続きの叱咤激励、ご指導ご鞭撻を心よりお願い申し上げます。

▲このページのTOPへ

 2018年4月

■ 今後について

いよいよ希望の党の解党が決まりました。昨年の衆院選から半年、皆様には大変複雑な思いをおかけし、本当に申し訳ございません。深くお詫び申し上げます。
昨年、党の決定に従い、また当時の前原最側近、党役員室長として、希望の党に合流したものの、その後の小池百合子さんの政治姿勢や、基本政策の方向感に、選挙中からずっと違和感を感じ、矛盾を抱えて来ました。
今回の新党が、この矛盾を解消し、改憲、安保に慎重、原発政策は私自身は比較的柔軟、共産党まで含めた野党共闘を推進、この方向感のリベラル系新党なら参画しない理由がありません。
一方、これに矛盾する右派系新党なら行けません。
一番困るのはあいまいな場合です。この場合、本当に行って良いものか、慎重の上にも慎重に判断しなければなりません。
加えて、同郷の玉木さん始め党内の仲間たち、地方議員の皆さん、支持者、支持団体へのご恩、友情、義理人情も、私が大切にしてきたものでもあります。
それもこれも含めて、本当に総合判断しなければならない。
今回こそ、悔いのない、覚悟の備わった決断をしなければならない。そう自らに言い聞かせております。
大変ご迷惑とご心配をおかけします。

▲このページのTOPへ

 2018年3月

■ 霞が関はどうなってしまったのか

決裁文書の改ざんに、労働データの濫用。私もかつては霞ヶ関で働いていた人間です。国会に提出する公文書を都合のいいように書き換えるというのは、およそ考えられない対応です。 近畿財務局では犠牲者も出たとのこと。労働データの濫用問題と合わせて、今の霞ヶ関は、もはや私が知っている霞が関ではなくなっているのかも知れない、そう感じざるを得ません。

■ 人事権を振りかざす

それもそのはずです。霞が関から見れば、これだけの長期政権、しかも強烈に人事権を振りかざす超長期政権は初めての経験です。世間の常識と関係なく、とにかく政権の顔色を見て、尻ぬぐいをし続ければ、必ず人事で報われる。こうしたことが続けば、組織と社会のモラルが、かけ離れて当然です。もはや組織内部に、社会規範やモラルを期待することが出来なくなります。長期政権の弊害がこういう形で表れ出ていることに強い危機感を感じています。

■ 急ぐべき野党再統合

今こそ野党がしっかりしなければなりません。 一時は、政権補完勢力との懸念も抱かれた希望の党ですが、国会での追求と合わせて野党連携に大きく舵を切り、私自身安堵しています。来年の地方選挙や参議院選挙に向けて、手をこまねいている暇はありません。悠長に構えることなく、更なる野党の再編、再統合に向け動きを強めなければなりません。

▲このページのTOPへ

 2018年2月(2)

春の訪れが待ち遠しい季節になりました。日々活躍する日本のオリンピック選手の活躍に大きな感動と感激を頂いています。

■ 野党再編

構想していた民進党と希望の党との統一会派構想が行き詰まり、分党も必ずしもうまく進まず、閉塞感が漂い始めました。しかし健全な対抗勢力の存在は、日本の国会にとって必要不可欠であり、そのための野党再編は避けて通れない必須の課題です。
それぞれが小欲を捨て大欲を持つべきであり、好きや嫌い、恩や恨み、といったあらゆる個人的感情を乗り越え、ただただ国家国民のために、と言う大義に立った言動に徹することが求められます。
正に今、目の前で繰り広げられているオリンピック選手たちの、芸術とも言える、技と精神的な高み。私たちも本来、この政治の現場において、タフさと柔軟さを兼ね備えた精神的アスリートでなければならないはず。そう痛感させられる日々です。

▲このページのTOPへ

 2018年2月

今年の通常国会がスタートしました。これから代表質問、予算委員会、そして各委員会と本格化してまいります。私は総務委員会、沖縄北方委員会、倫理選挙委員会で頑張ります。今年も昨年の総選挙で訴えてきたことを基本にしっかり取り組みます。

■ 通常国会がスタート

本会議冒頭での玉木代表の代表質問は、野党サイドに立つものとして素晴らしいものでした。明治150年は戊辰戦争150年でもあり多角的視座に立って、人口増大とそれを前提とした経済社会政策、そしてそのために進められた中央集権化を大胆に見直す。その方向性に大賛成です。大きな枠組みの変更が求められている時代に、小手先の論議だけでは対応できません。

■ 野党再統合

合わせてこの国会では、野党の再統合に向けた動きを作らなければなりません。まずは立ち位置不明瞭になった希望の党の分党が第一歩。そして民進党有志との再合流や、場合によっては中道新党の立ち上げ。さらに将来の立憲民主党との連携を視野に入れ、猶予なく取り組むべきと思います。

■ 憲法改正議論

安倍政権は改憲論議に命運を懸けて突き進んで来る可能性があります。自衛隊を明記する等の議論もあって良いと思います。しかしこれは課題山積の国政にあって、決して最優先事項ではないこと。同時に安保法制含めて、不誠実な対応の元凶である2014年7月の集団的自衛権の閣議決定廃止が議論の前提であるべきと思います 。集団的自衛権こそ、本当にやるなら、他ならぬ国民自身の手で自己決定すべきでした。憲法秩序を揺るがせにし、恣意的に解釈改憲を行った政治姿勢そのままで、国民に憲法改正を問う資格はありません。厳しく対峙したいと思います。

▲このページのTOPへ

 2018年1月

今年こそバラバラになった野党を再び 束ねる。そのために奮闘します。本年が皆様にとりまして健やかな一年になりますことを、心よりお祈り申し上げます。

■ 激動の2017年

蓮舫元代表の辞任に始まり、党代表選挙 その後の解散総選挙、新党への合流など激動の2017年が終わりました 。今年2018年はそこで失ったものを取り戻す。その一年に出来るよう、強い決意で頑張ります。

■ 一強二弱

民進党は立憲民主党、希望の党、無所属の会に四分裂の状態となりました。国民の支持がある立憲民主党が野党内一強の中、残り二党は一刻も早く連携と統合を進めなければなりません。改憲や安保について意見の相違があると言われますが、イデオロギー的・観念的に議論するのではなく、実際的・実務的に議論すれば、必ず共通項を見出だすことが出来る。そう信じています。

■ 野党の分裂と統合

戦後日本の民主主義で、野党は大きく二度分裂しています。サンフランシスコ講和条約をめぐる社会党の左右分別。60年安保をめぐる社会党と民主党の分裂。野党は常に外交安全保障政策をめぐる意見の相違で分裂を繰り返す。これが歴史の真実です。しかし一方で、分裂した野党は再び統合への道を歩み始める。これもまた歴史の真実。そのことを固く信じて頑張ります。

▲このページのTOPへ

香川事務所 〒761-8072 高松市三条町315-3 TEL:087-815-1187 FAX:087-815-1189
国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2 衆議院 第二議員会館1005号 TEL:03-3508-7621 FAX:03-3508-3251